ご近所イノベーション学校とは

自分を生かして、まちを活かす。新しい地域づくりを、港区から。

「ご近所イノベーション学校」は、地域にかかわる一人ひとりが「やりたいことをまちにつなげる」ことで実現する新しい地域づくり(=「ご近所イノベーション」)を様々なかたちで支援するプロジェクトで、港区芝地区総合支所慶應義塾大学の連携によって実施されています。

主な事業は、想いをまちにつなげるさまざまな講座の実施、ご近所イノベーション活動の情報支援、つながりと活動を生みだす場の運営。学校という名の「新しいかたちの中間支援のプラットフォーム」づくりを通して、多くのご近所イノベーションが起こる地域を目指します。

想いをまちにつなげる講座

自分の想いと持ち味を地域に活かし、人と人、組織と組織をつなげ、創造的な課題解決を実現する〈人財〉の育成を目的に、大学や地域の資源を活用した各種の講座を実施します。

少人数制の実践型講座として、次の講座を主催しています。
「ご近所イノベータ養成講座」(2013年度〜)
「ご近所事務局ゼミナール」(2014年度開講予定)
gi_top
主催講座だけではなく、さまざまな個人や民間企業、NPOや公共施設・団体とが連携した多様な学びの場・出会いの場を創出することで、さまざまなご近所イノベーション活動を支援していきます。
→主な講座の紹介

ご近所イノベーション活動の情報支援

一人の住民の立場から、地域生活を豊かにし、ゆるやかなつながりを生み出してく「ご近所イノベータ」の活動を支援するため、ウェブサイトや拠点を通じて活動内容を広め、あらたなネットワークづくりを促進するとともに、活動に役立つ情報の提供を行います。
katudou_top
→ご近所イノベータの活動

つながりと活動を生み出す場の運営

講座の実施にとどまらず、2008年から運営しているコミュニティ拠点「芝の家」(芝3丁目)や、2014年4月にオープンする「きらきらプラザ」(新橋6丁目)で展開予定の「ご近所イノベーションラボ・新橋(仮称)」などと連携し、さまざまなアイデアや想いを形にしていく場を提供します。
soto_image
→芝の家:芝の地域力再発見事業拠点
→ご近所イノベーションラボ・新橋

ご近所イノベーション学校
主催:港区芝地区総合支所、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所
協力:慶應義塾大学社会・地域連携室、三田の家LLP
お問い合わせ:03-3578-3192(芝地区総合支所協働推進課地区政策担当)
Eメール:contact(at)gokinjo-i.jp

本事業は、港区芝地区総合支所「地域コミュニティサポートスタッフの養成」事業の一環として実施されています。